必須アイテム・写真編

必須アイテム

ビジネスは 画像なくして勝利なし

シスター300
まずはこちらの画像をご覧ください。
リエ
ホントだ!
シスター300
まだ何も見せてませんが。
リエ
ダンボーだね。あずまきよひこ先生はもう一生石油王みたいな生活ができるよね。
シスター300
感じの悪いことを言うんじゃありませんよ。
シスター300
こちらを普通に撮影した場合…
リエ
うーん。悪くないけど、もうちょっと明るくできない?これだと黒っぽい色に見えちゃう。
シスター300
それではこちらも御覧ください。
リエ
明るくなった!心なしか表情も明るく見える!
シスター300
個人の感想です。使用感には個人差があります。
リエ
健康食品のCMかよ!いやこれははっきりといい写真になってる!
シスター300
とまあこのように、写真一つでも商品の印象がガラリと変わります。
シスター300
ヤフオクやメルカリに出品する時、Amazonにカタログを作る時、そしてアフィリエイトサイトを作る時、いい写真を用意できることは売上に直結する大事なポイントになります。
リエ
一理あるけど、私は写真家でもないしイラストレーターでもないよ?できるわけ無いじゃん。外注すんの?
シスター300
できるんですよ。ちゃんと道具を揃えればね。
シスター300
他人に任せるのはそのたびにお金がかかりますね。そこで自分で画像を作れるようになれば、必要な画像をいつでもいくつでも作れるというわけです。

 

少しでも良い写真をとるためのアイテム

シスター300
まずは写真を取るための「撮影ボックス」から用意しましょう。
リエ
ボックス?撮影なんて机の上においてスマホでカシャーでいいじゃん。
撮影ボックスを使うメリット
  • 背景に余計なものが写り込まない
  • 照明の強さ、角度などを調節できる
  • 仕上がりがプロっぽくなる
  • 室内ならどこでも撮影ができる
シスター300
確かにスマホのカメラも良い性能を持っていますが、背景に部屋の様子が写ったりしていませんか?
リエ
うっ…
シスター300
フィギュアを撮影しようとして、ブリスター(透明のビニール部分)が光を反射して真っ白になっていませんか?
リエ
あるある…あと、部屋の照明がいい角度に入らなくてイライラする…
シスター300
どんな状況でも狙った感じにライティングを調整できるのが撮影ボックスのいいところですよ。

これを…

こうして…

こうです。

シスター300
部屋が汚い!こんな場合でも即席でスタジオができるのです。
シスター300
本当に部屋が汚い!
リエ
2回言うことないでしょ…それにしても、なんで白い布で四方を囲ってるの?
シスター300
撮影スタジオでは照明のライトに白い布がかかっているのを見たことがあるでしょう。

こういうやつです。

シスター300
あれはディフューザーと言って直接光を当てると強すぎるので、白い布を通すことで和らげているんですね。その効果を得られるのがボックスです。
シスター300
こういう専門のライトを何万も出して部屋に置くのは流石に専門家でないと難しいですよね。なのでボックスが一つあれば簡易的ではありますが十分な効果が得られるというわけですよ。
リエ
お値段はいかほど…

 

ロアス 撮影ブース 大 DCA-069

新品価格
¥2,133から
(2018/10/30 15:11時点)

ピンきりですけど、ウチで使用しているのはこのタイプです。

リエ
2千円くらいなんだ。確かに専門の器具一式揃える事考えたら全然高くないね。
シスター300
あなたに餌を与えてることを考えたら全然高くありませんよ。
リエ
とうとうエサって言っちゃったな!
シスター300
照明は別売りなので、クリップ式のライトを一つ、できれば2つ用意するとベストです。

OHM クリップライト E26 N1BW-K ブラック LTC-N1BW-K

新品価格
¥1,385から
(2018/10/30 15:17時点)

太陽は上から照らすので、光は上から当てるのが自然に見せるコツです。家にある電気スタンドでは角度に限界があるので、自由な位置に設置できるクリップ式がおすすめです。

写真の画像を加工するためのアイテム

 

シスター300
いい写真が取れても取れなくても、ぐっときれいに見せてしまう、それがフォトレタッチソフト。
リエ
一転してインチキを勧めてきたよこの人。
シスター300
レタッチソフトさえあれば、この写真も…

 

 

シスター300
こう!
リエ
ま、漫画になった!?。

 

 

シスター300
この写真も…

 

 

シスター300
こう!
リエ
色調補正できるのは便利だね。暗い写真でも明るくできる!

 

 

シスター300
この写真も…

 

 

シスター300
こう!
リエ
何が「ドオン」だよ!意味がわからないよ!

 

 

シスター300
この画像も…

 

 

シスター300
こう!
リエ
言ってないぞ!!ほんとにブローカーが来たらどうするんだ!

レタッチソフトはどこで手に入るの?

シスター300
フォトレタッチソフトは色々ありますが、以前まではPhotoshopという定番ソフトがありました。しかし高価。10万とかしました。
リエ
買えるか!!
シスター300
そこで、漫画やイラスト用に特化し、学生さんでも買えるような価格のソフトとして開発されたのがCLIP STUDIOシリーズ。本来は漫画を書くためのソフトですが、フォトレタッチにも十分に使えます。
シスター300
詳しい使用方法は公式サイトにおまかせしますが、漫画用に開発された機能が満載なので、例えば書き文字とか集中線などの機能はレタッチソフトよりも充実。ブログ用の画像なら十分すぎる機能ですよ。

1番売れてるグラフィックスソフト【CLIP STUDIO PAINT】
clip studioのメリット

画像の編集がラクラク(ブログに超便利)

自分で素材を作れるようになる(著作権の問題から開放)

Amazonのカタログ用の写真も作れる(お金とってる業者もいるほどだよ)

素材を作って配布するなどの集客にも役立てる(新たなビジネスも)

なんだったら漫画家デビューしちゃいなよ(You!!)

リエ
最後おかしいでしょ。なめとんのか。
シスター300
わかりませんよ。今や漫画編集部に持ち込むよりも、ツイッターでバズったほうが漫画家への道としては近いんですから。
シスター300
私はこうして転売屋になった、みたいな漫画を描いてですね…
リエ
即炎上だな…

 

画像でプラスアルファの差をつけよう

画像の撮影、編集は転売には直接関係のないことのように思えるかもしれません。

しかしスキルの一つとして身につけておけば、これほど便利な物もありません。

 

私も過去に、出品したい商品があるのにAmazonのカタログ上で画像がなく、このままでは売れないな、という時に画像を自作して無事に販売にこぎつけたことがあります。

スキルはあなたを救うのです。