いくらで売るかも大事。一円下げ作戦はホントに有効なのか?

転売テク

大事なのはカート獲得。最安値である必要はない

シスター300
さてさて。いくら安い商品を仕入れることができたとしても、それを安く売ってしまってはいくら頑張ってもグリーンカードが発行されることはありません。
リエ
別にアメリカ永住権を目標に頑張ってないよ!
シスター300
いくらで仕入れるか?と同じくらい重要なのがいくらで売るか?ですよ
リエ
そりゃあ少しでも高く売りたい…でも安くないとお前を抱きしめられない。
シスター300
なぜKBTIT先生のオサレポエムが降ってきたのですか?

1円ずつ下げる不毛な下げ合戦

リエ
こういう悲しいグラフを見ちゃうと夕日に叫びたくもなるよ。
シスター300
おそらくツールで最安値設定をしているのでしょう。そうでなければただの暇人です。
シスター300
しかし考えても見てください。大事なのはカートを獲得すること。必ずしも最安値である必要はないのです。

ツールに頼るものはツールに利用される

 

リエ
とはいっても、最安値がカート取りやすいのは事実でしょ。
シスター300
価格はあくまでカート獲得の条件の一つでしかない。まして価格がカート獲得の条件になるにはある程度の開きが必要です。
リエ
ひ、ひらき?
シスター300
およそその差は2%以上は欲しいところ。よく、大手の家電部品メーカーと競り合うと何故か相手の販売額の2%を下げてきたんですよ。ということはその数字がカート獲得に必要な数字である可能性が高い。
リエ
根拠が弱いよ〜。
シスター300
だとすると、ツールで1円ずつ下げる作戦は無駄に相手を挑発して価格競争を招くだけで、カートの獲得には効果がない。
リエ
それが本当なら、1%くらい上乗せして2番手につけておいたほうが得だよね。

 

刈り取りに悪用される価格自動改定ツール

 

シスター300
多くの商品を出品されている方、特に古本をメインに扱う方は自動的に価格を改定してくれるツールがあると思うのですが、これを悪用する刈り取りのテクニックがあります。
ツールを使った出品者を狙う刈り取り方法
  1. 価格を下げたい商品に自家発送で出品する。
  2. 相手が一円ずつ下げてくるのを確認したら、思いっきり価格を下げる。
  3. これ以上下がらないという点を見極めたら、そこまで下げさせて自分で買う。
  4. 自分の出品は削除
シスター300
以上です編集長。
リエ
編集長じゃないよ。出品したときに自分のが売れちゃったらどうすんの?
シスター300
なるべく深夜に行うといいでしょう。また、コンディション欄に「汚いです!うんこがついています!」とか書いておけば絶対に売れません。
リエ
アカウントが停止になるよ!!
シスター300
実際には最新のツールであればFBAに最安値を合わせるように設定できるでしょうが、そうでないケースもありますからね。ツールに頼ってる人はツールで裏を書かれるんですよ。
リエ
挑発的に下げてくる人に絡まれたら、あるいはそういう作戦なのかもしれないな…。