CC便は結局返金されなさそう

転売の日々
シスター300
以前のブログでも紹介していましたが、CC便という超低コストの配送サービスが有りましたとさ。
リエ
めでたしめでたし。
シスター300
めでたいことあるか。結局サービスは破綻。その返金スケジュールが11月ということでしたが、未だになんの連絡もありませんよね。
リエ
まあ無理だとは思ってたよ。だってチケットは転売オーケーだったから、誰がどこから買ったかわかんないじゃん。紙のチケットが発行されてるわけでもなし、所持の証明だって難しいよ。

裁判で訴えることは可能なのか?

リエ
我慢ならん!法廷で会おう!
シスター300
といってもウチは5枚くらい、数千円ですから少額訴訟ということになります。
リエ
小学でも訴訟は訴訟じゃい!
シスター300
弁護士費用と訴訟にかかる手数料が必要だって話ですよ。

訴訟の金額が10万円以下の場合の手数料

  • 訴えの提起…1000円
  • 支払いの督促…500円
  • 控訴の提起…1000円
  • 上告の提起…2000円

となっております。おそらく数千円で訴訟を起こすのは赤字でしょう。

リエ
コウソ?ジョウコク?
シスター300
控訴は第一審に対して、上告は第二審に対して「納得いかねえよ」と申し出ることです。
リエ
この時点で赤字になっちゃうよ。その裁判を三回もやるの手間かかりすぎだし。
シスター300
となると。
リエ
泣き寝入りか…。

先払いサービスには要注意

シスター300
キャッシュフローの観点から見れば、支払いは遅く、回収は早くが基本です。
リエ
借金したって返済までに増やして返せばいいんだもんね。
シスター300
となると、先払いしてもらったほうが助かるわけです。しかしCC便の場合は度を越していた。1枚980円で何百枚という単位でのチケット購入を勧めていた。
リエ
使い切る前に何かあったらどうすんだって話でしょ。
シスター300
となると会社には支払いを済ませるだけの現金がなく、次の支払いを新たな売上で賄う自転車操業のリスクがあるかもしれないということです。
シスター300
ちなみに代々木アニメーションも経営破綻する前は、二年分の授業料前払いで1割引みたいなことやってましたね。
リエ
引き合いに出す業種が違いすぎる!

ウチもね、危ない危ないと言いながら紹介してたのでちょっと責任感じますよね。

最初から騙すつもりではなかったのでしょうが、あまりにもおっかない運営体制でした。

マイページから荷物の運送状況が確認できるって話だったのに、伝票番号を入れてもスタッフが手動で確認するという意味の無さ。挙句の果ては「Amazonについたかどうかは受領されればわかるでしょ」って返してきましたから。

twitterもやってます




8 件のコメント

  • こういうサービス他にも心当たりあるかも。
    今の時代、代引決済可能すら恐ろしいでござるよ。

    • 代引しかやってくれないお店もあるんですよね。
      カードは手数料がお店の負担になっちゃうんで仕方のないところ。

  • うちは領収書の送料で訴えられましたけどね・・・(思い出したくない記憶)

    「eco配」を利用していてサービスを打ち切られた時は返金されました。
    CC便は利用してないのでわかりかねますが、チケット=配送伝票という意味なら配送伝票の返送と返金料の振込先を相手方に伝える必要があるかと考えます。公式な手順が公開されていないのでしょうか・・・

    「eco配」の時は確か専門の会社に委託されていたような記憶があります。
    返金の帳尻を合わせて記録しておくのも大変な業務だからと考えています。

    • eco配!そういうのもあるのか!
      いやあ…cc便のチケットってのは、電子上で買ったとされているだけで、領収書も配送伝票もないんですよね。
      それがまた怖いの。だから私はまとめ買いしなかったんですよ。
      一応、返金フォームがあったらしいのですが、私は見たことありません。そしてサイトはすでに消失と。

      倒産するにしたって帳簿は大事ですよね。

  • うちも買っちゃってたんですよね~。

    ちなみにですが、以前CC便公式LINEから返金フォームについての案内がありました。
    URL https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSejdEYR7O0Vjw3ygUtc_kIQhdWJM_3g6GoZcYyR-1eqAYIWTg/viewform

    そして11月18日に「11月末から返金します」という趣旨のメッセージが来たのですが、
    「最初は、お一人あたり数百円の返金になってしまいますが、全額返金まで少しづつでも返金をさせていただきます」とのことです。

    笑っちゃいますねw
    『時と場所の指定まではしていない……!』かよ、と突っ込みたくなります。

    ちなみにCANがやっていたCappyは、現在アメイズロジという会社がやっているようです。
    どちらも同じ埼玉県戸田市が拠点。どうなることやら……。

    • LINEからって失礼な話ですよねw
      返金もできなさそう…!
      ちなみに少しづつでも返済する意思があるとみなされれば、法律的には踏み倒していないことになるのでそれを狙ったのかも。
       
      cappyのサイトがまんまCC便そっくりで驚きましたw

      • ほんと失礼ですよねw
        ちなみにですが、「多少減額してもいいから、今すぐ一括で返してくれ」と言ったら「額面の20%なら……」と言ってきましたw

        確かに意思を見せようとしているのかもしれませんね。
        しかしどうやら、(僕は法律に詳しくないので参考程度ですが)少しでも返済がされると時効が中断するという、僕ら債権者にとって有利な状況になるかもしれません。
        https://saimuseiri.kabarai-sp.jp/jikou-chuudan.html

        cappyやらせどロジやら、固定客のいる事業が続いているのなら返済はされるのか、それとも……。
        (こういった事業があるのでCC便も大丈夫だと思っちゃったんですよね)
        ああ、自分の未熟さが恥ずかしいですw

        • いやあ仕方ないです。実際もともとは詐欺じゃなくて、破綻しちゃったというだけなんで、別に騙されたとかじゃないんで。
          なんか…アマゾンギフト券で返されるらしいですよw