一発アウトになりかねないAmazonルール

転売の日々

商品レビューポリシーに関するサクラ

シスター300
Amazonでの信頼が下がりまくっている理由に、中華系のサクラレビューが多すぎるという点がありますね。
リエ
かなり対策されたはずなのにまだはびこってんなあ。
リエ
商品名に色々と情報が入っちゃってる中華系独特のやり口に加えて、通販って書いちゃってる。Amazonで買ってんだからそりゃあ全部通販だよ。
シスター300
ギフト券プレゼントって言いながら後から抽選だというのも嘘ですし、そもそも金券でレビューを書かせるのも違法。本来なら一発アウトの案件です。
リエ
なんでセーフなんだろう?
シスター300
考えられるのは、同封されてるのは「アンケート」。直接レビューを書かせているわけではないですよね。その中から有効的な意見の人だけレビューに誘導しているので、直接高評価を頼んだわけでもない。なんとなくですが抜け道を通っているように見えます、が…

購入者の商品レビューポリシー(Amazon公式より)

カスタマーレビューポリシーの違反には以下のアクションが含まれますが、これに限定されません。

肯定的なレビューはAmazonに送信されるようにし、否定的なレビューは出品者、または別のフィードバックシステムに誘導すること。

肯定的なAmazonレビューの依頼、またはレビューと引き換えのインセンティブを梱包または通い箱に挿入すること。

シスター300
これは解釈によってはアウトとも取れるやりかた。わざわざリスクを追う必要があるかというと…。
リエ
これは商品に対するレビューだけど、同じやり方でストアレビューに誘導しようとしたら一発アウトもあるよね。昔はそういうやついたけど。
シスター300
初めのうちは評価が気になると思いますが、評価ゼロでも買う人は買います。そもそも見てない人もいるわけです。
シスター300
悪い評価が続けて入っちゃうこともあるかもしれませんが、それは工作でどうにかするのではなく改善するポイントを見つける努力が必要なのでは。
リエ
にしても…アンケート作ってQRコード作って二段階で誘導して1480円の化粧水売って。いくら儲かってんのかなあ。
シスター300
化粧水なんてぶっちゃけ水ですからね。原価で言ったら100円もしないんでしょう。にしても…
リエ
まわりくどいこと…。